SDI 機能を復活させる 2009年10月19日(月)

らくだ

Opera の SDI 機能は、 9.5x の頃から廃止されてしまった。しかし、この機能、実は完全に廃止されたわけではなく、裏技を使うと一部制限がある物の使えることが分かった。

とりあえずやり方は以下の通り。

  1. 適当にタブを開いて、適当なセッション名(例:xxx)でセッションを保存する。
  2. 保存した xxx.win ファイルをテキストエディタで開く。
  3. 「[1]」とか、「[2]」とかが各ウィンドウやタブのセクションに当たるので、# その中で SDI 化したいタブのセクション内の parent の値を 0 にして保存する。
  4. 保存したセッション xxx を復元する。
  5. すると、 SDI ウィンドウが出来ているはず。
  6. SDI のウィンドウ上で、"Save Window setup" アクションを実行し、「選択しているウィンドウのみを保存」にチェックを入れて適当なセッション名(例:SDI)で保存。
  7. "Select Session,n" アクションで、 SDI ウィンドウを開けるようになる。このとき、 n は保存されているセッションの名前順の番号。自動保存が 0 で、 SDI の他にセッションがなければ 1 。

しかし、この SDI ウィンドウ、大きな欠陥がある。それは、 "Go to page" アクションなどが無効で、アドレスバーのアドレスを変更しようとすると、 MDI ウィンドウのアクティブなタブのページが変わってしまうというものだ。この欠陥を回避するには以下の方法がある。

少々使い勝手が悪いが、どうしても SDI 化したいという人はどうぞ。

トラックバックURL https://far.whochan.com/trackback.cgi/diary/3265
Usertime : 0.09 / Systemtime : 0.01