LinkOnself

らくだ

自己リンク生成クラス

概要

LinkOneself 2.001 は、自身へのリンクを持たない id 属性を持つ要素の先頭に、自身へのリンクを追加する javascript クラスです。また、終点アンカーのみの a 要素に自身へのリンクを追加します。

コンストラクタ

%linkOnself( linkFormat , className , imageData )% 生成するリンクのフォーマットを引数として与えて、自己リンク生成オブジェクトを受け取ります。

#linkFormat#
href のフォーマットを与えます。文字列中の”%d”が、 id 属性に変換されます。規定値は
#%d: 。
#className#
生成するアンカー要素のクラス名。
#imageData#
生成するリンクに表示する画像の URL 。

メソッド

addToElements( elementName )
id 属性を持つ要素名 elementName の要素全てに自己リンクを追加します。
addToFirstElements( elementName )
親要素が id 属性を持つ、 要素名 elementName の要素全てに、親要素へのリンクを追加します。
insertAnchor( element , id )
要素オブジェクト element の先頭にアンカー id へのリンクを追加します。
addToOneSideAnchors()
href 属性を持たないアンカー要素に、自己リンクを追加します。

サンプル

ファイルの末尾に、 id 属性を持つ要素に、自身へのリンクを追加する Opera 用ユーザスクリプトが付いています。ファイルを Opera ユーザスクリプトフォルダに保存し、以下のスタイルシートをユーザスタイルシートに追加して再設定してください。

?%
.optionanchor
{
	display:block !important;
	position:absolute !important;
	z-index:10;
	width:0 !important;
	height:0 !important;
	line-height:0 !important;
	background:transparent !important;
}
.optionanchor img
{
	position:relative !important;
	z-index:10;
	left:-4px !important;
	top:-4px !important;
	width:8px !important;
	height:8px !important;
	background:transparent !important;
}
.onlyviewanchor
{
	display:block !important;
	position:absolute !important;
	z-index:9 !important;
	width:0 !important;
	height:0 !important;
	line-height:0 !important;
	background:transparent !important;
}
.onlyviewanchor img
{
	position:relative !important;
	z-index:9 !important;
	left:-4px !important;
	top:4px !important;
	width:8px !important;
	height:8px !important;
	background:transparent !important;
}
%?

更新履歴

2006.03
LinkOneself 2.00公開。
2006.10
LinkOneself 2.001公開。 Opera 9 系に対応した。

対象

@2006-10-26T11:17+09:00 Opera 8.53 でのみ動作確認。 Opera 8.54,9.02 で動作確認。

トラックバックURL https://far.whochan.com/trackback.cgi/diary/2112
Usertime : 0.08 / Systemtime : 0.04