日誌の検索 [タグ:Opera UserJS] 1~10(14件中)

DisOpenWinS

らくだ

これはナニ

usoDisOpenWinSuperS 7.00[text/plain:32kB] は、サイト側の都合によって新しいウィンドウが勝手に開くことを阻止する Opera 用のユーザスクリプトです。

~続きがあります~

usoTreeTab

らくだ

usoTreeTab 1.00[text/plain:2kB] は、タブを擬似的にツリー化する、 Opera 用のユーザースクリプトファイルです。ただし出来ることは、別のタブから開かれたタブが、その開いた元のタブが閉じられた時に自動的に閉じられるだけです。

~続きがあります~

usoFuckDisOpera

らくだ

usoFuckDisOpera は、 JavaScript によってブラウザ判定をし、わざわざ Opera で動かなくしているページにおいて、そのブラウザ判定を自動的に回避する Opera 用のユーザースクリプトファイルです。 UserAgent による判定だけでなく、 window.opera オブジェクトによる判定も回避することが出来ます。

~続きがあります~

usoFrameToIframe

らくだ

これはナニ?

Opera で「フレームを表示」をオフにした状態で、フレーム表示を iframe にてエミュレートする UserJS です。これと言った利点はないかも知れませんが、 window.top にナニかを追加したりする UserJS を使っていたりするとうれしいことがあったりするかも。

使い方

usoFrameToIframe 1.01[text/plain:6kB] をダウンロードして、 Opera の UserJS のフォルダに保存してください。

Opera の【設定】-【詳細設定】-【コンテンツ】-【スタイルオプション】で、【フレームを表示】をオフにしてください。

更新履歴

2010-05-26
usoFrameToIframe 1.00[text/plain:5kB] 公開。
2010-06-16
usoFrameToIframe 1.01[text/plain:6kB] 公開。

トドック修正パッチ

らくだ

usoTodgPatch 1.00[text/plain:2kB] は、さっぽろ生協のコープのトドックのeトドックのウェブカタログ、マップキャットを修正するためのパッチです。

マップキャットは https: なので、 opera:config#UserPrefs|UserJavaScriptonHTTPS をオンにする必要があり。

watchizuOldPngDL

らくだ

watchizuOldPngDL 1.00[text/plain:0kB]は、ウォッちずの旧サービスの png 画像をダウンロードできるようにする User JavaScript ファイルです。

導入すると、ウォッちずの索引図による検索画面のリンクが、旧サービスの画像への直接リンクになります。新サービスへのリンクが利用できなくなるので注意してください。

Opera の UserJS フォルダに保存してください。

更新履歴

2008-05-06
とりあえず公開。
  • 日記:2842
  • 2008年06月07日(土) 13:04更新
  • 2286閲覧
  • 公開レベル 1

visibleAttribute

らくだ

概要

visibleAttribute 1.00[text/plain:4kB]は、普通は画面上には反映されない属性を可視化する、 Opera 用のユーザスクリプトです。

~続きがあります~

LinkOnself

らくだ

概要

LinkOneself 2.001 は、自身へのリンクを持たない id 属性を持つ要素の先頭に、自身へのリンクを追加する javascript クラスです。また、終点アンカーのみの a 要素に自身へのリンクを追加します。

更新履歴

2006.03
LinkOneself 2.00公開。
2006.10
LinkOneself 2.001公開。 Opera 9 系に対応した。

~続きがあります~

sendScriptToActiveFrame

らくだ

フレームに Go to page の引数を送る

概要

sendScriptToActiveFrame 1.00[text/plain:0kB] は、 Opera Action で、アクティブなフレームに javascript のコマンドを送るための Opera 用ユーザスクリプトです。

設置

sendScriptToActiveFrame 1.00[text/plain:0kB]Opera のユーザスクリプトフォルダに保存してください。

使用方法

メニューで、任意のコマンドをアクティブなフレームで実行したい場合、以下のように menu.ini に書いてください。

Item,"コマンド名"=Copy frame address & Go to page,"javascript:sendScriptToActiveFrame(%C,'任意のスクリプト');"

ただし、フレームとトップページのドメインが異なる場合は実行できません。

更新履歴

2006.04.15
sendScriptToActiveFrame 1.00[text/plain:0kB] 公開。

searchTextMarker

らくだ

概要

searchTextMarker 2.10[text/plain:7kB] は、ページ中の特定文字列をマークアップし、クッキーに保存し、次回訪問時にも同じ文字列を自動的にマークアップする Opera 用のユーザスクリプトです。

~続きがあります~

日記検索フォーム
日付
Usertime : 0.12 / Systemtime : 0.02